2002年 梅干の作り方


◆材料◆ 梅(10kg)、粗塩(1kg)、赤しそ(1束=4〜5本を約6束)、35度の焼酎(200cc〜300cc)

◆用具◆ 重石(15kg=1個、4.5kg=2個)、プラスチック樽(30リットル用)

重石をして一週間

赤シソの葉をもぎ取る

よく水洗いする

梅酢と赤シソを混ぜる

混ぜた赤シソと梅酢を樽に入れる

丸一日干して完成
◆梅干の作り方◆
  1. 竹串や楊枝で梅のヘタをとります。


  2. 樽へ梅を並べる様に入れ、塩をひとつかみ振り入れます。


  3. 全ての梅と塩を入れ終えたら、焼酎を均一にかけます。


  4. 中ブタをして約20kg分(梅の2倍)の重石を載せたら一週間程度おきます。


  5. 砂土をはらって赤シソの葉をもぎ取ります。


  6. 大きい樽で6〜7回よく水洗いして水気をきり、2〜3時間くらい乾かしておきます。


  7. 塩をひとつかみ入れてよく揉むと、ドス黒いアクが出るので、そのアクをよく搾って捨てます。


  8. 一週間程度で上がった梅酢3カップとアクをよく搾った赤シソを混ぜます。


  9. 梅の入っている樽へ15の梅酢と赤しそを均一に入れます。


  10. 中ブタをして約5kg分(梅の半分)の重石を載せます。


  11. 一週間程度おいて笊に並べて表と裏を半日ずつで丸一日干して出来上がりです。
※1 一番上の写真は、漬け込んで1週間。丁度良い具合に梅酢が上がっています。
※2 下から3番目の写真は、梅酢と赤シソを混ぜたもの。鮮やかな紫色になっています。

やきとり家族へ きぃばぁの里梅へ




inserted by FC2 system