2008/06/30mon

梅の事を知ってもっと「梅通」になろう!  梅の雑学−梅の選果1

農家で大切に育てられた梅が、どんな風に出荷されて私達の所に届くのか、興味を持ったことはありますか?
はい、では折角なので此処でお見せしましょう。旅日記になっていますので良かったらゆっくり御覧下さいね。



2008年06月28日(土)小田原駅にて

夕方過ぎに横浜で店長と合流。本当は、横浜で買い物と中華街で一杯ひっかけて帰宅なんて思っていたのに。
2・3年前から気になっていた、十郎梅を小売りしている場所があることを思い出して、急遽小田原へ。
駅前の地元と思われる飲み屋で軽く飲んで、さぁ何処に泊ろうと言う時、大将が温泉施設の割引券をくれました。
聞けば、何と目の前にその温泉施設が。仮眠できるし、何より温泉に入れるから嬉しい。すぐに直行しましたよ。
飲み屋の刺身も美味しくて、おまけしてもらった上に、温泉の割引券まで。とても助かりました〜(^-^)。
小田原駅のビッグサイズの小田原提灯 昔の小田原駅前の停車場の写真

2008年06月29日(日)小田原駅にて

温泉に満足して施設を出ること8時過ぎ。昨日は薄曇りだったけれど今日は雨。
行き先は、福沢総合選果場。晴れていればのんびり山を歩いて散策と思っていたけれど、ちょっと無理そう。
10時からになっているから少し早いかな。小田原駅前で、営業しているかを念のため確認。

「十郎梅を販売していると聞いてお電話したのですが、今日そちらは営業していますか?」
「はい、営業していますよ。10時からですが、実際は9時くらいから、やっていますよ。」
「そうなんですか。ちなみに十郎梅の値段はどの位なんでしょうか?」
「3Lが700円、2Lが600円、Lが500円になります。」
「分かりました。大雄山から歩くので、どの辺りかを教えて頂けますか。」
「足柄高校とアサヒビール神奈川工場の中間ですね。」

まぁ、此処までは普通の会話です。

「分かりました。あと、十郎梅はどの位あるんですか。」
「日によっても違うんですけど、昨日収穫した梅も含めると今日は3・4トンは入ってきてますね。」
(はっ?、3・4トンて、あの3・4トン?・・・4000キロってことでしょ。・・・いやそんなには:苦笑)
「あっ、そうなんですか。あのぉ〜、バラ売りはしているんですか?」
「はい、1キロから販売していますよ。」
「分かりました。どうもありがとうございました。」

よ・良かった〜。100キロ単位なんて言われた日にはどうしようかと思ったよ。
単線の大雄山線に乗り、店長と電話でのやりとりを楽しく話しながら、のんびりしたローカル線の旅を楽しみます。



2008年06月29日(日)大雄山駅にて

大雄山駅に着きました。改札手前には大きな天狗。駅前には金太郎の銅像。
まさかりかついで金太郎♪くまにまたがりおうまのけいこ♪
そうか、神奈川県南足柄市は、金太郎の発祥地なんですね。
小さな山間にあるので、なだらかな道や下り坂・上り坂を散策しながらゆっくりと歩くこと30分。
遠めに見ると一見大きな建物で、小売りしているような場所にはとても見えませんでした。

2008年06月29日(日)福沢総合選果場にて

福沢総合選果場に着きました。中に入るとすぐに先程電話下さった方?と聞かれました
と同時に、あたり一面、梅の香りが充満しています。会話しながら香りに酔い痴れます。
右を向いても左を向いても、前も後ろも、十郎梅・南高梅、そこらじゅう梅だらけです。
嬉しくて、つい顔がにやけちゃいますねぇ〜。こんなにも梅が大好きなんですね(笑)。



やきとり家族へ きぃばぁの里梅へ 梅の選果2へ




inserted by FC2 system